普通自動車/抹消登録(廃車)

青木行政書士事務所TOP > 普通自動車の取扱業務 > 抹消登録(廃車)

普通車の廃車手続き(抹消登録)を代行

普通自動車の廃車(抹消登録)には次の3パターンがあります。

  1. 一時抹消登録:自動車の使用を一時的に中止する場合
  2. 輸出抹消仮登録:自動車を輸出する場合
  3. 永久抹消登録:自動車を解体処分する場合。再登録はできません。

これら自動車の廃車手続き(抹消登録)を、青木行政書士事務所が代行します。

※ 軽自動車は手続きが異なります。軽自動車の方はこちら

このような方に特におすすめします

手続きのやり方、ナンバーの外し方がわからない方。

不要になった車の処分に困っている方。

車の引取りから解体処分、永久抹消までまとめて依頼したい方。

極力手間をかけずに手続きを終わらせたい方。

あやしい廃車専門店ではなく、信頼できるところに任せたい方。

当事務所の特長

  • 自動車手続き専門の行政書士。手続きは確実かつスピーディです。
  • ご依頼者の86%が一般個人の方。個人向けの、きめの細かい対応が得意です。
  • 不要車両については、提携の事業者と連携して、車の引取りから解体処分、永久抹消までワンストップで対応します。
    (引取り手数料・レッカー代・解体費用は無料。永久抹消登録のみ有料です。)
  • 自動車重量税の還付申請も代行します。
  • 自賠責保険料の還付請求方法をアドバイスします。
  • お客さまの声

    • HPの内容と実際のサービスが一致していて信頼できる。(横須賀市)
    • スピード感★5つ以上の満足度でした。(横須賀市)
    • 急ぎの案件であったにも関わらず、丁寧さ、早さ、対応して下さる範囲の柔軟さが素晴らしかったと思います。正直「ここまでしてくれるのか」と驚きました。(調布市)
    • 慣れない手続きを時間をかけて自身で行うより、費用をかけてもお願いしてよかったです。(川崎市)
    • 数あるHPの中から代行業者を選択するのは少し勇気がいることでしたが、結果的には最初にHPを拝見した時の印象そのままに、誠実かつ丁寧に手続きを進めて頂き感謝しています。(新宿区)

    お客さまの声(直筆メッセージ) 別ウィンドウで開く

    最新の声は「Car書士ブログ」の中で更新しております。 別ウィンドウで開く

    料金

    管轄 代行手数料
    横浜ナンバー 10,000円
    (税込 11,000円)
    川崎ナンバー 12,000円
    (税込 13,200円)
    相模ナンバー
    湘南ナンバー
    多摩ナンバー
    八王子ナンバー 14,000円
    (税込 15,400円)
    品川ナンバー
    世田谷ナンバー

    ※ 一時抹消登録・輸出抹消登録の場合、法定費用として 登録手数料350円 が別途必要です。
    永久抹消登録の場合、登録手数料はかかりません。

    ※ 変更登録や移転登録を伴う抹消登録(下記参照)は、代行手数料3,300円が加算となります。また、変更登録が必要な場合は、法定費用として 登録手数料350円、移転登録が必要な場合は 登録手数料500円 が別途必要です。

    ※ わかりやすい見積書をPDFファイルでご案内します。見積りのご依頼はこちらから

    ご依頼の流れ

    下記は一例です。ご依頼者一人ひとりの状況に即した手続きをご提案します。

    赤:[ご依頼者作業] 緑:[当事務所作業]

    Step1 [ご依頼者作業] 当事務所へのご連絡

    お問い合わせ受付専用電話 090-3524-8336(9:00~18:00) または お問合せ・見積依頼・お申込みフォーム(365日・24時間)より、お気軽にご連絡ください。代表の青木が直接応対します。

    「抹消登録について詳しく聞きたい」、
    「書類のことで困っている」という方でも、お気軽にご相談ください。

    Step2 [当事務所作業] 見積もり、必要書類、スケジュールのご案内

    見積書をご案内(PDFファイルで作成・メール添付)します。
    ご状況をお伺いしたうえで、必要書類をご案内します。
    手続き完了までのスケジュールをご案内します。

    Step3 [ご依頼者作業] 必要書類のご用意

    必要書類をご用意ください。
    押印書類(委任状など)が必要な方には当事務所にてフォーマットをご用意します。
    (押印するだけの状態でお渡しします)
    必要書類一式を当事務所へご送付ください。

    Step4 [ご依頼者作業] 費用のお支払い

    費用をお振込みください。振込先等のお支払い情報はこちら

    Step5 [当事務所作業] 抹消登録の手続き

    運輸支局・自動車検査登録事務所にて、ナンバープレートの返納、抹消登録手続きを行います。
    永久抹消登録の場合は重量税の還付手続きを行います。
    手続完了後、抹消書類(登録識別情報等通知書など)を送付します。

    必要書類

    車検証の登録状況により、ご用意いただく書類が変わる場合があります。
    ご依頼者一人ひとりの詳しい状況をお聞きしたうえで、個別に必要書類をご案内します。

    一時抹消登録・輸出抹消仮登録
    名称 注意点 ダウンロード
    車検証    
    印鑑証明書 有効期間は発行日より3ヶ月です。最新のものをご用意ください。  
    委任状 必要事項をご記入のうえ、実印を押印してください。
    ※当事務所へご依頼の場合は、必要事項をすべて記載したご依頼者専用の書面をご用意します。実印の押印のみお願いします。
    その他
    (住民票・戸籍謄本など)
    車検証の住所から引越ししていて車検証の住所と現住所が異なる場合や、結婚等により氏名が違う場合は、過去と現在のつながりがわかる役所書類(住民票や戸籍謄本など)が必要です。  
    ナンバープレート    
    永久抹消登録
    名称 注意点 ダウンロード
    車検証    
    印鑑証明書 有効期間は発行日より3ヶ月です。最新のものをご用意ください。  
    委任状 必要事項をご記入のうえ、実印を押印してください。
    ※当事務所へご依頼の場合は、必要事項をすべて記載したご依頼者専用の書面をご用意します。実印の押印のみお願いします。
    その他
    (住民票など)
    車検証の住所から引越ししていて車検証の住所と現住所が異なる場合や、結婚等により氏名が違う場合は、過去と現在のつながりがわかる役所書類(住民票や戸籍謄本など)が必要です。  
    ナンバープレート    

    ※ 解体による抹消の場合、「移動報告番号」「解体報告記録日」が必要です。移動報告番号はリサイクル券に記載があり、解体報告記録日は解体業者から通知されます。

    ※ 永久抹消登録の場合で、自動車検査証の有効期間が1ヶ月以上残っている場合は、自動車重量税の還付申請を同時に行うと有効期間の残りの期間に相当する自動車重量税の還付を受けることができます。その際、次のものが必要です。

    1. 振込先の金融機関名、支店名、口座番号、口座種類等
    2. 代理人申請の場合は、代理人の印鑑
    3. 自動車重量税還付金を所有者以外が受け取る場合は、所有者が自署・押印、または実印を押印し、受取人を受任者とした委任状 (重量税還付金受領権限委任状

    普通自動車

    軽自動車

    自動二輪

    軽二輪

    原付

    コンテンツ

    運営サイト

    青木行政書士事務所

    神奈川県横浜市青葉区恩田町3217-2
    Tel: 090 (3524) 8336
    Fax: 045 (330) 5548
    電話受付: 9時~18時